入間市和菓子屋でどら焼きの美味しいおすすめ4軒(宮寺亀屋・菓仙・利久庵・富士屋)

入間市にある和菓子屋(有限会社 宮寺亀屋・御菓子司 菓仙(かせん)・御菓子司 富士屋・菓匠 利久庵(りきゅうあん)で販売されているどら焼きを撮影した写真スイーツ
入間市にある和菓子屋『御菓子司 富士屋』で販売されているくるみもち『K・K・M』を撮影した写真

入間市和菓子屋でどら焼きの美味しいおすすめ4軒(宮寺亀屋・菓仙・利久庵・富士屋)を紹介!

別記事で「飯能市で「手作りどら焼き」の美味しい地元の和菓子屋5軒紹介」という記事を書きましたが、今回は飯能市のお隣・入間市版です。

ちなみに、今回対象にしたのも「個人経営の地元の和菓子屋」で、6軒中どら焼きを扱っていたのは4軒でした。
※食べログやRettyなどのクチコミサイトに載っているものの、今回調査したところ2018年で閉店したお店が2軒あったので6軒の数には入れていません。

また、どら焼きのあんこについて「なぜどら焼きはほとんどが粒あんなのか?」と思い調べたら意外な事が分かりました。
「銅鑼焼き餡(どらやきあん)」というどら焼き用のあんこがあったのです!
詳しくは粒あん・こしあんとは違ってた?どら焼きに使われるのは実は「銅鑼焼き餡(どらやきあん)」だった!で紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください(*^-^*)

それでは、それぞれのお店とどら焼きを紹介していきます!

 

最中(もなか)も美味しい!有限会社 宮寺亀屋(ゆうげんがいしゃ みやでらかめや)

入間市の宮寺亀屋の外観を撮影した写真

車でないと少々行きづらい場所ではありますが、宮寺亀屋のどら焼きには「国産小麦粉ガトーナチュレ」という最高級菓子用粉を使用しているそうです。

入間市の宮寺亀屋の店内で撮影したメニュー一覧表の写真
入間市の宮寺亀屋で購入した「どら焼き」を撮影した写真

大きさは市販されているどら焼きと同じくらいで平均的なサイズです。

イメージしやすいように、爪楊枝を乗せてみました。

入間市の宮寺亀屋で購入した「どら焼き」の大きさを説明するために爪楊枝を乗せて撮影した写真
入間市の宮寺亀屋で購入した「どら焼き」の断面図を撮影した写真

中の粒あんの粒が割としっかりした感じです。

【どら焼き】

価格(税込み)140円
グラム数80g
餡子のタイプ粒あん
餡子の甘さ甘さ控えめでほんのり塩味
生地のタイプきめが細かくてしっとり
生地の甘さ甘さ控えめ
原材料砂糖・卵・小麦粉・小豆・蜂蜜・水飴・膨張剤

【店舗情報】

名称有限会社 宮寺亀屋
(ゆうげんがいしゃ みやでらかめや)
住所〒358-0014 埼玉県入間市宮寺627番地1
TEL04-2934-5325
営業時間朝8:30分-夜19時まで
定休日木曜日
駐車場4台(店舗横に1台(川口P2番)・店舗裏側に3台分)
カード・電子マネー現金のみ
アクセス車でのアクセス
圏央道入間I・C、三井アウトレットパーク入間より車で5分バスでの駅からのアクセス
西武池袋線小手指駅南口 1番バス乗り場 宮寺西行き 宮寺バス停下車徒歩3分 宮寺小学校前
その他近隣には映画「ホッタラケの島」の舞台になったハタヤの稲荷・出雲祝神社や緑の森博物館があります
リンクhttp://kameya-m.com/←2022年6月現在HPが閉鎖されているようです


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)

店舗裏側の駐車場に停める場合、(ガレージZODAの信号から来た場合)手前の丁字路を左折、少し進むと駐車場が見えてきます。

入間市の宮寺亀屋の駐車場へのルートを説明するためにお店前の道路から撮影して注釈を付けた写真
入間市の宮寺亀屋の駐車場を撮影した写真
入間市の宮寺亀屋で販売されている『どら焼』と『栗どら焼』を撮影した写真
入間市の宮寺亀屋で販売されている『最中』や饅頭を撮影した写真

どら焼き(税込み140円)も美味しかったのですが、最中(税込み129円)もおすすめしたい一品です!

皮の色は市販の明るめのベージュ色ではなく、ややブラウン寄りの濃いめでした。
適度な弾力でしっとり感もあり、何と言ってもポロポロおちてこなくて食べやすかったです!

中のあんこはやや甘めですが、甘すぎず、市販の(300円前後の大袋タイプなど)甘さが苦手な人でもちょうど良い甘さだと思いました。

三井アウトレット入間からは方角的に所沢市・瑞穂町方面になりますが、ぜひ車でお越しの際には寄ってみてください(*^-^*)

【2019年8月4日追記】
また最中を買い、今回はすぐに車の中でいただきました(笑)
中のあんこがほんのり冷えていて、更に美味しさがアップしていました!
どら焼きのみならず、最中にもハマりそうです(^_^)v

カフェ大福が名物!御菓子司 菓仙(おかしつかさ かせん)

入間市にある『御菓子司 菓仙』の外観を撮影した写真

昭和33年(1958年)創業とのことで、60年以上続いている「御菓子司 菓仙」。

カフェ大福(税込み148円)」が名物ですが、「昔ながらのどら焼き(税込み136円)」ももう1つの名物と言って良いでしょう。

入間市にある御菓子司菓仙で販売されている『昔ながらのどら焼』を店内で撮影した写真
入間市の御菓子司 菓仙で購入した『昔ながらのどら焼』の断面図を撮影した写真

大きさは平均的などら焼きサイズのようです。
中は粒あんで、写真では若干分かりづらいかもしれませんが、粒が割としっかりしていて「きんつば」に近い感じです。

【どら焼き】

価格(税込み)136円
グラム数70g
餡子のタイプ粒あん
餡子の甘さやや甘め・粒がしっかりしていてきんつばに近い食感
生地のタイプふんわり・やや弾力があり色が濃いめ
生地の甘さほんのり蜂蜜の味
原材料小麦粉・砂糖・卵・小豆・はちみつ/膨張剤、みりん

【店舗情報】

名称御菓子 菓仙(おかしつかさ かせん)
住所〒358-0014 埼玉県入間市宮寺3192-3
TEL04-2934-4957
営業時間8:30~18:00くらいまで(18:00以降の場合は電話にて注文)
定休日水曜日
駐車場有(店舗前に3台分)
カード・電子マネー現金・PayPay
アクセス駅からのアクセス

 

  1. 西武池袋線仏子駅から徒歩50分(3.9km)
  2. 西武池袋線武蔵藤沢駅から徒歩53分(4.2km)
  3. 西武池袋線入間市駅から徒歩55分(4.2km)

バス停からのアクセス
西武池袋線入間市駅発

  1. 入市61[西武バス~武蔵工業団地経由 入間市博物館行]/入市62[武蔵工業団地経由 中村屋 武蔵工場行]武蔵中学校(埼玉県)下車 徒歩4分(332m)
    運賃:200円(IC:195円)
  2. 入市40他/51他/61他〔入間市駅-MOP-箱根ヶ崎駅〕[西武バス]三井アウトレットパーク前(埼玉県)下車 徒歩5分(374m)
    運賃:200円(IC:195円)
  3. 入市40他/51他/61他〔入間市駅-MOP-箱根ヶ崎駅〕[西武バス]舟久保工場前下車 徒歩6分(470m)
    運賃:180円(IC:175円)
    ※三井アウトレットパーク前と舟久保工場前では、「舟久保工場前」が先に停車します。「三井アウトレットパーク前」は舟久保工場前の2つ先の停留所になります。
その他飯能市松林堂の「どら夢馬(むーま)」に近い印象
リンクなし
入間市の御菓子司菓仙の駐車場を撮影した写真

駐車場は店舗前に3台分あります。

入間市の御菓子司 菓仙で販売されている『黒糖どら焼』を店内で撮影した写真

常温のレギュラーどら焼きは2種類あります。

  • 「昔ながらのどら焼き(税込み136円)」は生地を鉄板などで焼く一般的なタイプ
  • 「黒糖どら焼き(税込み146円)」は生地を蒸すタイプ

午前中と午後に作るらしく、午前分が売り切れたら午後便は夕方になることもあるそうです。
確実に手に入れたい場合は事前に電話で確認しておくと良いですね!

入間市の御菓子司 菓仙で販売されている『抹茶の生どら』を店内で撮影した写真

また、冷蔵タイプのどら焼きもありました。
この時は「抹茶の生どら焼(税込み185円)」でした。
※訪問時は7月下旬

抹茶の生クリームあんは市販でもありますが、やはり和菓子屋の手作りなので添加物などの心配もないのが良いですね。

菓仙から三井アウトレットパーク入間・コストコは車でも近く、徒歩でも行ける距離なのでショッピング帰りにぜひ寄ってみてください!

 

武蔵藤沢駅から徒歩でも行ける!御菓子司 富士屋(おかしつかさ ふじや)

今回紹介する4軒の内、唯一「最寄り駅から徒歩圏内」なのが御菓子司 富士屋です。

入間市の『御菓子司 富士屋』の外観を撮影した写真

いきなり気になったのが、入口に貼ってある「KKM」・・・

御菓子司 富士屋の店内で販売されていた『KKM』『コーヒーわらび餅』を撮影した写真

KKM=くるみ きなこ 餅

の略のようです。
なかなかユーモアあふれるネーミングですね(笑)

入間市の御菓子司 富士屋で購入した『どら焼き』を撮影した写真
入間市の御菓子司 富士屋で購入したどら焼きの断面図を撮影した写真

どら焼きは平均的な大きさです。
写真では分かりづらいかもしれませんが、中の粒あんはしっかりと濾してあるようで小豆の粒がそんなに目立たない感じでした。

【どら焼き】

価格(税込み)118円
グラム数80g
餡子のタイプ粒あん
餡子の甘さ割と甘め
生地のタイプふんわり
生地の甘さハチミツらしき甘さを感じた
原材料記載なし

【店舗情報】

名称御菓子司 富士屋
(おかしつかさ ふじや)
住所〒358-0011 埼玉県入間市大字下藤沢409-7
TEL04-2962-3627
営業時間8:30~19:00
定休日無休
駐車場なし(お店の前に停めれば大丈夫だそうです)
カード・電子マネー現金のみ
アクセス駅からのアクセス

 

  1. 西武池袋線武蔵藤沢駅から徒歩7分(413m)
  2. 西武池袋線狭山ヶ丘駅から徒歩22分(1.7km)
  3. 西武新宿線入曽駅から徒歩30分(2.3km)

バス停からのアクセス
西武池袋線武蔵藤沢駅発
南コース(武蔵藤沢駅-やまゆり荘)[てぃーろーど]藤沢駅入口(埼玉県)下車 徒歩2分(127m)/沢田医院前下車 徒歩4分(367m)

リンクなし

駐車場は特にないのですが、スペースが広めなので店舗前に停められます。

入間市の御菓子司 富士屋の駐車場を撮影した写真

女将さんがとても気さくで元気が良く、可愛らしいご年配の方でした(*^-^*)
武蔵藤沢駅近くでちょっと癒やされるスポット的な和菓子屋ですね!

 

しっとり生地で税込み108円の高コスパどら焼き菓匠 利久庵(かしょう りきゅうあん)

入間市の『菓匠 利久庵(かしょう りきゅうあん)』の外観を撮影した写真

住宅街の中にあり、車で表通りを通るだけでは発見出来なかった「菓匠 利久庵」。
穴場的な雰囲気が(地理的にも?)漂ってきます。

入間市の『菓匠 利久庵(かしょう りきゅうあん)』で購入した『どら焼き』を撮影した写真
入間市の『菓匠 利久庵(かしょう りきゅうあん)』で購入したどら焼きの断面図を撮影した写真

画像だけでは分かりづらいですが、今回紹介する4軒の中で一番サイズが大きかったです。
文明堂の「三笠山」に近いサイズだと思います。

【どら焼き】

価格(税込み)108円
グラム数100g
餡子のタイプ粒あん
餡子の甘さやや甘め
生地のタイプきめが細かく、ふんわり・しっとりしていてパンケーキみたいだった
生地の甘さほんのり甘め
原材料記載なし

【店舗情報】

名称菓匠 利久庵
(かしょう りきゅうあん)
住所〒358-0023 埼玉県入間市扇台6丁目7-1
TEL04-2963-3277
営業時間9:30~19:00
定休日不定休
駐車場なし(向かい側にある公園のそばにちょっと停めるようになります)
カード・電子マネー現金のみ
アクセスバス停からのアクセス

 

  1. 入間市バス 東西コース ユアコート入間前下車 徒歩3分(240m)
  2. 入間市バス 東西コース 扇町屋五下車 徒歩4分(300m)
  3. 健康福祉センターコース[てぃーろーど] 扇台四丁目下車 徒歩5分(446m)
  4. 入市40他/51他/61他〔入間市駅-MOP-箱根ヶ崎駅〕[西武バス] 武蔵団地入口下車 徒歩6分(502m)
  5. 健康福祉センターコース[てぃーろーど]  扇小学校下車 徒歩7分(519m)
リンクなし

駐車場はないので、「店舗向かい側の公園そばにちょっと停めておく」ようになります。


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)

入間市の『菓匠 利久庵(かしょう りきゅうあん)』で販売されている『小倉どら焼き』『栗どら焼き』『小倉生どらやき』『いちご生どらやき』『抹茶生どらやき』を撮影した写真

利久庵ではどら焼きは5種類あります。

常温タイプ

  • 小倉どら焼き(100円+税)→税込み108円
  • 栗どら焼き(150円+税)→税込み162円

冷蔵タイプ

  • 小倉生どらやき(130円+税)→税込み140円
  • いちご生どらやき(130円+税)→税込み140円
  • 抹茶生どらやき(130円+税)→税込み140円

小倉どら焼きは、生地しっとり・やや大きめの100gで税込み108円のかなりコストパフォーマンス高いですね(*^-^*)
冷蔵タイプも税込み140円と、コンビニスイーツの生どら焼きよりもお得!

入間市の『菓匠 利久庵(かしょう りきゅうあん)』で販売されている『カフェオーレ大福』『抹茶オーレ大福』を撮影した写真

カフェオーレ大福・抹茶オーレ大福(ともに130円+税→税込み140円)は冷凍で販売されています。
暑い時期でもちょっと解凍して「雪○だいふく」みたいにいただくのも良さそうですね!

入間市にも魅力ある地元の和菓子屋が揃っていて、スイーツ巡りが楽しくなりそうです♪

 

入間市商業施設・三井アウトレットパーク入間(&コストコ)からの各店舗位置関係を紹介

入間市最大とも言える大型商業施設「三井アウトレット入間(&コストコ)」は休日、特に連休ともなれば渋滞が発生するほどの人気施設です。

先に紹介した4店舗+今回対象外となった2軒を含めて、三井アウトレット入間からのそれぞれの位置関係をまとめてみました。

買い物帰りに、入間市地元の和菓子屋でおみやげを買うのも良いですね。
※自分はコストコの方の駐車場には停めたことがないので、あくまでも三井アウトレット入間の方を起点にしています。

三井アウトレット入間と同じ住所の「入間市宮寺」組~宮寺亀屋と菓仙

三井アウトレット入間と住所が同じ「入間市宮寺」にあるのが「有限会社 宮寺亀屋」と「御菓子司 菓仙」の2軒です。

国道16号を挟みますが、距離的には「菓仙」の方が近いです。


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)

2軒寄る場合(帰宅方向が圏央道入間IC・飯能・日高方面)

圏央道入間ICを使う場合、「三井アウトレット入間」→「宮寺亀屋」→「菓仙」の順番で回れば圏央道入間ICへの合流がラクになるでしょう。

飯能・日高方面なら「菓仙」を入間ハート病院方向に進み、その先の交差点を左折すれば比較的渋滞に巻き込まれずに帰れそうです。
※連休中・時間帯など状況にもよるので、そこはあらかじめご了承ください。

2軒寄る場合(帰宅方向が所沢・瑞穂町・東村山方面)①P3駐車場側の出口に行った場合

この場合は、まず三井アウトレット入間を出るときに国道16号方向の出口(前方にバスターミナルが見える出口)から出た方が良さそうです。

というのも、「三井アウトレット入間」→「菓仙」→「宮寺亀屋」の順で回るルートになりますが三井アウトレット入間からの出口を「P3」駐車場側の出口を左折すると・・・

コストコ駐車場へ行く車と重なり、国道16号までなかなかたどり着けないからです。

もし「P3」側の出口に行ってしまった場合は、右折(その時に交通整理の人から止められなければ)して一旦坂を下りてしまいましょう。


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)

【黄色矢印のルート】
坂を下りきったら右折(角に板金塗装の会社)
→ファミリーマートが右角にある交差点(手前に手作り餃子のお店があります)を右折
→坂を上って「宮寺(東)」交差点を直進(国道16を横断)して突き当たりの丁字路を右折
→少し進むと左側に「菓仙」に到着

【赤い矢印のルート】

「菓仙」から「宮寺亀屋」へのルートは、ほぼ一本道だと思って構いません(笑)

来た方向にいったん戻る
→先ほど紹介した丁字路(セブンイレブンの少し先にある丁字路)は曲がらずにひたすら直進
→坂を下り切ると「宮寺」交差点(国道16号)に当たるので、直進
→ひたすら(大森通り)直進、不老川を渡る
→2つ目の交差点左角に「セブンイレブン宮寺店」・左前方に「ガレージZODA」という中古車販売店がある交差点を直進
→カーブを曲がると左前方に「宮寺亀屋」が見えてきます


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)

2軒寄る場合(帰宅方向が所沢・瑞穂町・東村山方面)②バスターミナル近くの出口から国道16号に出る場合

それでは改めて、国道16号方面出口(前方にバスターミナルが見える出口)から「菓仙」への行き方のご紹介です(笑)

国道16号へは渋滞回避のためには「左折レーン」に入っていったん左折することをおすすめします。


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)

【ピンク色の矢印のルート】

三井アウトレット入間を出て、国道16号をいったん「八王子方面」へ向かう
→ENEOSのある「宮寺(東)」交差点を直進
※ここの交差点で右折する車がいると後続がつっかえるので、この時点では2車線のうち左側の方でも良いと思います)
→交差点を渡ったら2車線のうち右車線に寄っておきましょう
→5差路の「宮寺交差点」を右折(右角にホテルあり)
→上り坂になるので直進
→右手にセブンイレブンが見えたら、少し先の左側に「菓仙」が見えてきます

重複になりますが、「菓仙」から「宮寺亀屋」へのルートは、ほぼ一本道だと思って構いません(笑)


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)

【赤い矢印のルート】

来た方向にいったん戻る
→先ほど紹介した丁字路(セブンイレブンの少し先にある丁字路)は曲がらずにひたすら直進
→坂を下り切ると「宮寺」交差点(国道16号)に当たるので、直進
→ひたすら(大森通り)直進、不老川を渡る
→2つ目の交差点左角に「セブンイレブン宮寺店」・左前方に「ガレージZODA」という中古車販売店がある交差点を直進
→カーブを曲がると左前方に「宮寺亀屋」が見えてきます

入間市の御菓子司 菓仙から入間市宮寺亀屋へ車で向かう場合のルートをGooglemapを使って説明した画像

 

 

三井アウトレット入間から所沢・狭山方面へ帰るルート上にある和菓子店(利久庵・富士屋・べにはな・伊勢屋)

今回対象外でしたが、べにはな・和菓子 伊勢屋(わがし いせや)の2軒も地元和菓子屋の一環として位置情報を載せておきます。


※GoogleMapより画像引用(説明部分は筆者加筆)
【赤色の矢印のルート】

三井アウトレット入間国道16号方面出口「前方にバスターミナルが見える出口」を右折して国道16号を右折(川越方面)
→「小谷田」交差点(左角にドン・キホーテ、右側にニトリがあります)を直進
※交差点をわたったら、なるべく右側車線に寄っておくと良いです
→2つ目の「扇町屋(南)」交差点(五差路なので、真ん中)を右折
→1つ目の「扇町屋4丁目」交差点を右折
→住宅街に入っていくのでそのまま直進すると、右側に1つ目の「菓匠 利久庵」が見えてきます。
→菓匠 利久庵
→和菓子 伊勢屋
→御菓子司 富士屋
→べにはな(西武池袋線武蔵藤沢駅そば)

【べにはな】
「ちょこどら焼き」など、ある程度の数(10個以上)の注文があれば対応可能とのことです。
草餅などは2個から買えるそうなので、初めて行く場合にはあらかじめ確認をおすすめします。

名称べにはな
住所〒358-0011 埼玉県入間市大字下藤沢492-17
TEL04-2964-6282
営業時間9:00~17:30
定休日不定休

【和菓子 伊勢屋(わがし いせや)】
どら焼きの取り扱いはありませんが、おだんごが評判です。

名称和菓子 伊勢屋(わがし いせや)
住所〒358-0024 入間市久保稲荷1丁目26-7
TEL04-2965-6463
営業時間10:00~18:00くらい(なくなり次第終了)
定休日月曜日
駐車場なし(お店の前に停めればOKだそうです)
カード・電子マネー現金のみ

お店同士の場所が比較的近いところもあるので、4軒すべてとはいかなくても2軒くらいのハシゴなら出来そうですね(^_^)v

同じどら焼きでも、「しっとり」タイプ「ふんわり弾力」タイプなど色々あるので食べ比べも楽しかったです。
どら焼き以外にも、「宮寺亀屋の最中」が個人的に気に入りました!

 

まとめ

埼玉県入間市の地元の和菓子屋ということで、どら焼きをターゲットにご紹介しましたがいかがでしたか。

皮のタイプ・餡子の甘さ加減などリピートしたくなるお店が見つかると、何だか嬉しくなります♪
また、どのお店の方も快く店内(外観なども)撮影をOKしてくださり本当に感謝です!

ちなみに、「どら焼きの美味しい地元の和菓子屋」として「飯能市バージョン」「入間市バージョン」と記事を書いたので・・・

お昼にあんパンを食べるところが、どら焼きに取って変わられている状態です(笑)

砂糖が使われていてカロリーはそこそこありますが、何と言っても「あんこは低GI食品なので血糖値が上がりづらい」「脂質が低い」のが魅力です!

生クリームを使った冷蔵タイプも美味しそうだったので、もう少し暑さが収まったらこちらもいただいてみようと思いました。

閉店情報

今回どら焼きの取り扱いを問い合わせたら、既に閉店しているお店が2軒ありました。

GoogleMap・「食べログ」などのインターネット情報サイトには載っているので、念のため乗せておきます。

  1. 越後家(えちごや)
    〒358-0024 埼玉県入間市久保稲荷2丁目6-5
    2018年末で閉店
  2. 盛伸堂(せいしんどう)
    〒358-0003 入間市豊岡1-6-4
    2018年で閉店

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!
何かお問い合わせなどありましたらお気軽にどうぞ。

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました