滝沢秀明の若い頃から引退まで23年分56枚の画像で比較!昔から超イケメンな美少年子役だった!

滝沢秀明10代・20代・30代の若い頃の年代別の画像エンタメ
滝沢秀明10代・20代・30代の若い頃
滝沢秀明の若い頃(13歳から16歳)を1995年から1998年まで時系列に並べて比較した年表
滝沢秀明の若い頃1995年(13歳)から1998年(16歳)まで
滝沢秀明の若い頃(17歳から20歳)を1999年から2002年まで時系列に並べて比較した年表
滝沢秀明の若い頃1999年(17歳)から2002年(20歳)まで
滝沢秀明の若い頃(21歳から24歳)を2003年から2006年まで時系列に並べて比較した年表
滝沢秀明の若い頃2003年(21歳)から2006年(24歳)まで
滝沢秀明の若い頃(25歳から28歳)を2007年から2010年まで時系列に並べて比較した年表
滝沢秀明の若い頃2007年(25歳)から2010年(28歳)まで
滝沢秀明の若い頃(29歳から32歳)を2011年から2014年まで時系列に並べて比較した年表
滝沢秀明の若い頃2011年(29歳)から2014年(32歳)まで
滝沢秀明の若い頃(33歳から36歳)を2015年から2018年まで時系列に並べて比較した年表
滝沢秀明の若い頃2015(33歳)年~2018年(36歳)まで

2018年12月31日に行われた『ジャニーズカウントダウンライブ』をもって大多数のファンから惜しまれつつも現役を引退したタッキーこと滝沢秀明君。
おそらく『タッキーのイメージは?』と聞かれたらほぼ例外なく『超可愛い!』『まさに正統派のジャニーズ!』『もうイケメンすぎる!』など賞賛の声が挙がるでしょう。

そんなタッキーこと滝沢秀明君も、現役引退後は演出家・ジャニーズ事務所の副社長として後輩の育成に励んだりと積極的に活動していますね。
ですがやはり以前のように頻繁に姿を見られないのは寂しいものなので、ここでは改めて滝沢秀明君の約23年間に渡る超可愛くって超イケメンな現役時代を画像で振り返ってみることにしました!

滝沢秀明の若い頃から引退まで23年分50枚の画像で比較!

それでは、早速滝沢君の10代という若い頃から2018年に引退するまでの23年分の現役時代を振り返ってみましょう!

ジャニーズJr.として活動開始

ジャニーズJr.時代の滝沢秀明の若い頃(14歳頃)集合写真で美少年なのを説明した画像

※Googleより画像引用


ジャニーズJr.時代の滝沢秀明の昔(14歳頃)下敷きの画像

滝沢秀明Jr.時代その2

 

 

 

 

 

 

 

1995年4月23日にジャニーズ事務所に入所、そしてわずかその2週間後いう正に異例とも言えるスピードでKinki Kidsの『KinKi Kids Kick off 95 SECOND CONCERT』でステージデビューをしました。
※残念ながらこのツアーはDVDなどで商品化されていません。

開催日程3月5日~5月7日(4か所7公演)
会場日本武道館・大阪城ホール・名古屋レインボーホール・横浜アリーナ

このエピソードは2017年に放送された『1周回って知らない話』という番組のゲストとして登場したときに滝沢君本人から語られています。
その時の映像がこちらです。
だいたい3:10辺りからステージデビューにまつわるエピソードが語られています。

注)こちらのYou Tubeは当時の番組のアップなので地震速報のテロップが入っています。

『タッキー&翼』としてデビュー

ジャニーズ入所2週間でステージデビュー後は、ジャニーズJr.のリーダーとしてグループ全体をまとめながらドラマ・CM出演・ミュージカルで最年少座長を務めたりと既に滝沢君はかなりメジャーな存在になっていました。
特にドラマではその美少年ぶりだけでなく演技力も評価されており、既に15歳という若い頃からスーパーアイドルとしての地位を確立していたと言っても良いでしょう。

ただCDデビューは意外にも遅く、入所してから7年後の2002年9月に同期の今井翼君とのユニット『タッキー&翼』としてようやくCDデビューを果たしました。

2002年に販売された『タッキー&翼 デビューアルバム』のケース内に封入されていた滝沢秀明の若い頃(20歳)の画像
※Googleより画像引用


この時点で20歳だったので、20年昔とは言え当時は「あれ?まだ(CD)デビューしていなかったの?」と感じた記憶があります。

 

色白・王子・誰もが認める平成きっての正統派美少年な10代!

滝沢秀明君=美少年というのは、もはや国民的に認識されていると言っても良いですね。
10代前半という若い頃からこんなに可愛いのであれば、将来イケメンにならないはずがありません!

1995年→1996年

もう、13歳の時も14歳の時も愛くるしくてたまりません!
中学校に上がるか上がらないかくらい昔の、13歳のこんな愛くるしい表情で意見されたら即服従決定です(笑)。

14歳になった時はCM『ロッテ コアラのマーチ』に出演していた時ですが、滝沢君のような超美少年が笑顔で宣伝したとあれば、今からでもコアラのマーチを買ってしまいたくなりますね。
当時放送していたCMは今井翼君と一緒に出演していました。
この時点ではまだ2人ともジャニーズJr.だったので、当時からJr.メンバーの中でも圧倒的な人気と知名度があったことが伺えますね!

https://www.youtube.com/watch?v=yeBr35k9DKc
※You Tubeより引用

1996年→1997年

こちらは約35年近く昔の滝沢君です。
高校生の役を演じていましたが、こんなハイレベルなイケメン生徒が同じクラスにいたら皆勤賞ものです!

1997年→1998年

16歳になった滝沢君は美少年から少しずつ大人っぽさが出てきた感じですが、まだあどけなさも残っていますね。
13歳の子役時代から3年しか経過していないのに、3年前が昔に思えてしまいます。

1998年→1999年

この笑顔、爽やかイケメン全開ですね!
17歳という、若い頃の中で特に心に残したい年齢・・・こんな美少年に生まれていたらきっと全く違う高校時代になっていただろうなぁと感じます。

1999年→2000年

髪型がガラっと変わり、『可愛い』から『かっこいい!』と言われる滝沢君ですね。
20年近く昔ですが、18歳でこの美青年とも言える滝沢君はもはや芸術作品レベルです!

2001年→2001年

19歳の方はもう『これぞタッキー!』というイメージの、正にジャニーズ正統派のイケメン滝沢君ですね。
このさり気ない笑顔、19歳ですでに若い頃から完成している超イケメンだと改めて感じました。

美少年に加えて超イケメンレベルが際立った20代!

さて、超愛くるしかった10代からお次は段々とイケメンぶりもさることながら演技・ステージでのパフォーマンスも飛躍的に成長した20代です!

2001年→2002年

20歳になったばかりなのに、何ですかこの色気を含んだイケメンは!
髪色もかなり明るくなっているせいもありますが、彫刻のような端正な顔立ちはもう見入ってしまうばかりです。

 

2002年→2003年

21歳の方の滝沢君は衣装や表情のせいか、こちらの方がメディアでよく見た若い頃のイケメン滝沢君ですね。
親しみやすさと優しそうな雰囲気があってイケメンさがアップしています。

2003年→2004年

1年昔からガラッと変わって、髪型がサラサラのストレートになった滝沢君。
この片側おでこ出しヘアもイケメンならどんな髪型でもイケメンなのを証明しております!

2004年→2005年

またまた1年昔とは変わって少し髪を立てている滝沢君、個人的にはこの23歳の方の髪型が良いですね。
前髪の長さや襟足付近をスッキリすることで、滝沢君のイケメンな顔立ちが更に際立ちます!

2005年→2006年

2006年の方は舞台で販売されていたパンフレットの滝沢君ですが、24歳という若い頃ですでに風格が漂っています!
こんなイケメンがキリっとした表情で真正面にいたら、緊張してまともに呼吸が出来ないでしょう(笑)。

2006年→2007年

2007年の方は黒髪になったことでイケメンレベルがますますアップして超イケメンとしか言いようがありません!
やっぱり黒髪が似合うイケメンは最強です!(あくまで個人的感想ですが)。
25歳という、若い頃でもちょうど中堅クラスのキャリアも築かれる頃ですね。

 

2007年→2008年

2008年はちょっと落ち着いた感じがする柔らかい雰囲気がします。
この眉毛の形の良さといい、普通に立っていても座っていてもやっぱりイケメンなのは隠せないでしょうね。

2008年→2009年

2009年の方はまたまた黒髪&スッキリヘア復活で『やっぱりイケメン!』と感じられる滝沢君です。
20代後半になっても、まだまだ10代だった昔同様に色白王子様系イケメンの座は揺るぎないですね!

2009年→2010年

2010年の方はファッションモデルみたいで、本職顔負けレベルのイケメンさを醸し出しています。
元々昔は子役モデルをやっていたこともあり、ある意味本職的な部分も持ち合わせているかもしれませんね。

2010年→2011年

2011年の方は雑誌『Ane Can(姉キャン)』に登場した29歳という20代という若い頃の最後の年でした。
髪色がかなり明るいせいか、20代前半の美少年に戻った感じもしますね。

 

 

大人っぽさを感じさせる凜とした表情と雰囲気が似合う超イケメンな30代!

さて、ついに30代突入です。
現役引退するまでの残り7年間、主な活動だった舞台も年々パワーアップして演出家としても更に成長を遂げた期間でしたね。
ではそんな大人としての30代の超イケメン滝沢君を見ていきましょう!

2011年→2012年

2012年の方はドラマ『悪党』に主演した時です。
髪色も髪型もガラッと変わり、30歳になったばかりの若い頃にして一気にイケメン大人の仲間入りをしましたね!

2012年→2013年

1年昔のドラマ用の険しい表情から一転、2013年の方は31歳とは思えない可愛らしい笑顔ですね。
こんなイケメンに笑顔で挨拶されようものなら、どんなにイヤな事があっても無かったことに出来るくらい幸せに浸れそうですね!

2013年→2014年

2014年の方はかなり髪型がスッキリしたこともあり、滝沢君の綺麗な眉毛の形が引き立ちます。
お肌もまだ若い頃に引けを取らず、32歳には見えませんね。

2014年→2015年

2015年の方は髪型の変化と表情からか、年相応にも見えます。
それでも普通していてもイケメンなのは隠せませんが(笑)。

2015年→2016年

2016年の方は雑誌の表紙ですが、今までにあまりなかった髪型というのもあり同じイケメンでもジャニーズとは違う系統にも感じます。
かれこれジャニーズ事務所に入所した14歳だった若い頃から20年も経過したんですね!

2016年→2017年

2017年の方は写真から分かるように『滝沢歌舞伎2017』のポスターです。
こんなドアップだからこそ、滝沢君の美形ぶりがよ~く分かりますね!
20代だった頃の昔と変わらないくらいの若々しさと美少年さを感じさせる滝沢君は、やっぱりイケメンを極めています。

2017年→2018年

数年前昔の2018年、滝沢君が現役引退を発表した年になりました。
まだまだ現役でも行けると思った方は数知れず・・・だったでしょう。
この時は髪もバッサリ短くなり、どことなく会社にいそうな親しみやすいイケメンな雰囲気も感じられます。


授業参観や運動会などの行事でこんな超イケメンパパが参加していたら、奥様方から相当黄色い歓声があがるのは間違いないでしょう。
大人になったなぁと思いつつ、この滝沢君の笑顔を見る限り30代半ばというよりは30歳手前くらいにも見えますね。

 

現在の活動

2018年12月31日~2019年1月1日にかけて行われたジャニーズカウントダウンライブにて滝沢君は現役を引退しましたが、2月に滝沢歌舞伎で演出家としてデビューした後もドラマにも出演していたのでファンにとっては嬉しかったことでしょう。

2019年に放送されたドラマ『孤高のメス』に主演した時の滝沢秀明の昔(37歳)の画像
※Googleより画像引用

『孤高のメス』というドラマで外科医を演じていましたが、滝沢君レベルのこんなイケメン外科医がいたら病院内での女同士の壮絶なバトル(?)が展開されていたのは間違いないですね(笑)。
きっと患者同士でも『あの先生に手術お願いしたい!』という会話で持ちきりになるでしょう。

2019年に雑誌『SODA』表紙に掲載された時の滝沢秀明の若い頃(37歳)の画像
※Googleより画像引用

こちらは同じく2019年、雑誌の表紙の滝沢君です。
髪型と髪色の違いもありますが、かなり痩せたようですね。
ですが、このシャープな感じと大人の色気を感じる滝沢君は現役を退いてもまだまだイケメンレベルは高いですね!

2020年にはジャニーズJr.だった『Snow Man』と『Six TONES(ストーンズ)』を同時CDデビューさせたり、2022年には「滝沢歌舞伎ZERO 2022」で2019年より主演と務めるSnow Manの他にIMPACTors(インパクターズ)を出演させたりと、所属グループの活動に大いに貢献しています。
※「滝沢歌舞伎ZERO 2022」は4月6日~5月16日まで東京・新橋演舞場で上演されました。

2022年に公演された『滝沢歌舞伎ZERO   2022』の告知ポスターの画像
※松竹株式会社公式HPより画像引用

演出家・経営者としての滝沢秀明君の今後の活動が楽しみです。
現役時代のように表に出なくなっても、滝沢君がいつまでも超イケメンなのは変わることはないでしょう!

滝沢秀明プロフィール

滝沢くんの若い頃から引退するまでの歴史を画像で振り返ってみましたが、簡単に滝沢君のプロフィールとジャニーズ事務所に入所したきっかけをご紹介しておきます。

本名滝澤秀明、旧芸名&旧本名:指田 (さしだ) 秀明
生年月日1982年3月29日
血液型A型
出身地東京都八王子市小比企町(こびきまち)
身長169cm
学歴八王子市立由井第三小学校
八王子市立由井中学校
八王子実践高等学校 (中退)
※情報引用元『ジャニーズ百科事典/滝沢秀明』『Wikiedia』より

 ジャニーズ入所のきっかけ

 滝沢君は昔ジャニーズ事務所入所前にオスカープロモーションで子役モデルとして(具体的な活動期間は不明・歌手の部門で登録)活動していました。
この時は『指田秀明(さしだひであき)』君でしたが、母親の再婚により滝沢姓に変更しています。

きっと、当時から群を抜いた可愛い美少年子役だったでしょう。
元々はプロレスラーへの憧れがあった滝沢君ですが、13歳という若い頃に体格的な理由もありプロレスラーは断念しました。

 

ジャニーズ受務所に入る前にプロレスラーに憧れていた滝沢秀明の若い頃(13歳頃)の画像
※Googleより画像引用

ですが何らかの形でステージに上がってみたい気持ちは変わらず(当時Kinki Kidsの堂本光一君のファンだったお姉さんの影響もあり)自らジャニーズ事務所に応募、事務所側からオーディション参加要請の連絡を受けそこから滝沢君のジャニーズ人生が始まったのでした。

履歴書を見てすぐに滝沢君にオファーをしてくるあたり、故・ジャニー喜多川氏の発掘能力(?)の高さが滝沢美少年の将来性を見抜いたのかもしれませんね。
ジャニーズに入所してから引退するまでの滝沢君の活躍は、もう誰もが認めるところですね!

 

その他、ジャニーズ系(過去在籍メンバーも含む)の若い頃に関する記事は以下をご参照ください。

稻垣 吾郎
堂本 光一

ジャニーズ系以外の芸能人の若い頃に関する記事は以下をご参照ください。

西島 秀俊
高橋 一生
長澤まさみ
石田 ゆり子
広末 涼子

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました