【画像133枚35周年】工藤静香の若い頃から現在までの軌跡を作品と共に振り返ってみた!デビュー当時から変わらずスタイル抜群!

工藤静香の若い頃10代・20代・30代・40代・50代の写真を並べた画像エンタメ
工藤静香の10代・20代・30代・40代・50代の画像



工藤静香のデビュー35周年を画像・作品と共に振り返る!

1987年(17歳)~1992年(22歳)までの工藤静香の昔の画像を並べた年表

工藤静香の若い頃の画像1987年(17歳当時)~1992年(22歳当時)まで

1993年(23歳)~1998年(28歳)までの工藤静香の昔の画像を並べた年表

工藤静香の若い頃の画像1993年(23歳当時)~1998年(28歳当時)まで

1999年(29歳)~2004(34歳)までの昔の画像を並べた年表

工藤静香の若い頃の画像1999年(29歳当時)~2004(34歳当時)まで

2005年(35歳)~2010年(40歳)までの工藤静香の昔の画像を並べた年表

工藤静香の若い頃の画像2005年(35歳当時)~2010年(40歳当時)まで

2011年(41歳)~2016年(46歳)までの工藤静香の昔の画像を並べた年表

工藤静香の若い頃の画像2011年(41歳当時)~2016年(46歳当時)まで

2017年(47歳)~2022年(52歳)までの昔から現在までの画像を並べた年表

工藤静香の若い頃2017年(47歳当時)~2022年(52歳)現在まで画像

おニャン子クラブでの活動を経て1987年にソロデビューを果たしてからトップアイドルとなり、その歌唱力も相まって歌手として活躍し続け2022年でデビュー35周年を迎えた工藤静香さん。
2000年に木村拓哉さんと結婚・その後出産・子育てをしながらご自身も歌手・画家としてずっと第一線で活躍し、ここ最近ではインスタグラムの投稿も注目を集めています。
そんな工藤静香さんの(ソロ)デビュー当時からの35年間を133枚の画像・作品と共に振り返ってみました。

  • ソロデビューして早々にヒット曲を連発した10代
  • 歌手として着実に実績を積み重ねた20代
  • 結婚・子育てもしつつ精力的に活動を続けた30代
  • 画家としても更に飛躍した40代
  • デビュー35周年を迎えて更に活躍が楽しみな50代

※工藤静香さんは誕生日が4月なので、表示よりも1歳若い作品もあります。



1987年(17歳)

1987年(17歳)CD『禁断のテレパシー』ジャケットと雑誌『Dunkダンク』に掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像1987年(17歳当時)

この年の5月から生稲晃子さん・斉藤満喜子さんともにうしろ髪ひかれ隊として活動しつつ8月にソロデビューを果たしました。
デビュー曲『禁断のテレパシー』はデビュー早々オリコン1位になり、工藤静香さんの当時からの注目度の高さが伺えますね。

1988年(18歳)

1988年(18歳)雑誌『CanCanキャンキャン』と『Oriconオリコン』に掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1988年(18歳当時)その1

1988年(18歳)雑誌『ザテレビジョン』と『Oricon』『後ろ髪ひかれ隊ほらね春が来たFIRSTCONCERT'88』パンフレットに掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1988年(18歳当時)その2

歌手としてのイメージが強い工藤静香さんですが、この年はドラマにも多く出演していました。
それに加えシングル4枚・アルバム3枚というペースでの発売ですから、かなり多忙だったことは間違いないでしょう。

やはりこの年で一番工藤静香さんの活躍を思わせる曲と言えば、CMにも使われ年末の第39回紅白歌合戦でも披露した『MUGO・ん・・・色っぽい』ですね。

『カネボウBIOフィットネットアイ』のCMに出演した当時18歳の若い頃の工藤静香さんの映像がこちらです。
紫色がよく似合っていて、この頃の眉毛の形はまさに工藤静香さんを象徴しています。
それにしても、細くて抜群のスタイルですね!

1989年(19歳)

1989年(19歳)CD『嵐の素顔』ジャケットと雑誌『明星ヘアカタログ』と『工藤静香カレンダー』に掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1989年(19歳当時)

この年の工藤静香さんのヒット曲も思い出しやすい曲が多かったですね。
特に『嵐の素顔』の間奏時の振り付けが当時話題になりましたが、改めて見ると冒頭から結構激しい振り付けだったんですね。

黒柳徹子さん司会の『ザ・ベストテン』に出演した時の工藤静香さんです。
前髪を半分下ろした髪型・トレードマーク(?)とも言える八の字眉も併せて19歳だった若い頃の工藤静香さんをぜひご覧ください。
やっぱり細くてスタイル抜群!

CDドラマCMNHK紅白歌合戦
第40回『恋一夜

また、この年に工藤静香さんは少年隊植草克秀さんと数ヶ月交際、その後は元光GENJI諸星和己さんと交際していたそうです。

ジャニーズ百科事典に掲載された植草克秀と諸星和己の若い頃の画像2選

植草克秀・諸星和己(画像引用元:ジャニーズ百科事典)

一部では作曲家・プロデューサーでもある後藤次利さんとも交際していたとの記事もありますが、立場上一緒にいることから単なる噂だったという説もあります。

1990年(20歳)

1990年(20歳)雑誌『Oricon』と『明星ヘアカタログ』と『OREオーレ』に掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1990年(20歳当時)

20歳になった時の工藤静香さん。
眉毛の濃さはそんなに変わらないようですが、1989年と比べる戸眉尻に向けて細くなっているようです。
この年は工藤静香さんにしては珍しく、顔が若干ふっくら(それでも十分痩せているはず)しているようですね。

CDドラマCMNHK紅白歌合戦
世界で一番君が好き!第41回『くちびるから媚薬



1991年(21歳)

1991年(21歳)『コンサートパンフレット』と雑誌『CanCan』に掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1991年(21歳当時)

髪型やメイクのせいか、今までの工藤静香さんとちょっと違った印象を受けました。
一番右の画像は、一瞬別人かと思いました(^^;)

CDドラマNHK紅白歌合戦
第42回『メタモルフォーゼ

この年は、再び(笑)ジャニーズ事務所の田原俊彦さんとの熱愛が報じられました。

ドラマ『課長 島耕作』に出演した時とシングル『ごめんよ涙』ジャケットに掲載された時の田原俊彦の若い頃の画像2選

田原俊彦(画像引用元:ジャニーズ百科事典)

当時田原俊彦さんは中山美穂さんと結婚間近とまで言われていたため、工藤静香さんが略奪したという説もありますがこの辺りは定かではありません。
いずれにしても、この時点で既にジャニーズ大物との交際があるのですがら当時は相当モテモテだったんですね。

1992年(22歳)

1992年(22歳)映画『未来の想い出Last Christmas』とコンサート『'92声を聴かせて』に出演した時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1992年(22歳当時)

この年の工藤静香さんは今までのイメージに戻ったようで、眉毛の形が復活していました(笑)。
元々の形もあるかもしれませんが、工藤静香さんは『細すぎず・あまり角度がつかない』のがちょうど合っている印象です。

CD映画NHK紅白歌合戦
未来の想い出 Last ChristmasW主演(清水美砂)第43回『めちゃくちゃに泣いてしまいたい

この年は、俳優・的場浩司さんとの熱愛が報道されました。

1989年ドラマ『はいすくーる落書』と2021年『徹子の部屋』に出演した時の的場浩司の若い頃の画像2選

的場浩司・1989年ドラマ『はいすくーる落書』2021年『徹子の部屋』出演時の画像

ジャニーズ系から一転、ヤンキー系にいきましたね(笑)。
ですが、交際期間は3ヶ月ほどと短かったようです。

1993年(23歳)

1993年(23歳)ドラマ『あの日に帰りたい』に出演した時と雑誌『ViVi』に掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1993年(23歳当時)

この年に発売された『慟哭』のPVでは様々な髪型・衣装の工藤静香さんが登場しています。
やはり『工藤静香さん=前髪をうっすら下ろして残りは立てる』のイメージが強いですが(笑)、冒頭で出てくるミディアムボブも結構似合っている印象でした。
それにしても、中盤で出てくる黒ドレスの工藤静香さん・・・細くて本当にスタイル良いですね!
その『慟哭』のPVがこちらです。
曲の良さも併せて、ぜひご覧ください。

CDドラマNHK紅白歌合戦
あの日に帰りたい第44回『慟哭

1994年(24歳)

1994年(24歳)雑誌『毎日グラフ』と『ViVi』と『音楽と人』に掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1994年(24歳当時)

この年の眉毛の形と太さにかなり変化が見られますね。
画像の方は正直『本当に工藤静香?!』と思ってしまうほど誰だか分からなかったです(苦笑)。

ちなみに、この年発売された『Blue Rose』のPVでは随所に見られる工藤静香さんの抜群のスタイルの良さはもちろん、かなり激しいダンスを披露しており曲も映像的にもとてもカッコイイ仕上がりです!
ちなみに、振付を担当したのははTRFSAMさんとCHIHARUさんが担当したそうです。
※情報引用元:Wikipedia『Blue Rose

別人ぽいと書いておきながらなんですが、個人的に工藤静香さんの髪型はこのPVが一番カッコ良くて似合っていると思いました。
そんな工藤静香さんの24歳当時の若い頃の映像はこちらです。

CDNHK紅白歌合戦
第45回『Blue Rose

この年はXJAPANYOSHIKIさんとの交際が報じられました。
世界に名だたる超大物ですね!

1994年YOSHIKIカレンダーとフライデーにスクープされた時の記事の画像

画像引用元:『1994年YOSHIKIカレンダー』雑誌『フライデー』

結婚秒読みとも言われていましたが、1996年に破局したようです。
※参考記事:アーティ『YOSHIKIと工藤静香の熱愛フライデーから破局原因・土下座の噂まとめ』
それにしても、工藤静香さんのお相手・・・豪華ですね。

1995年(25歳)

1995年(25歳)雑誌『CDでーた』と『CanCan』と『The Ichibanザ一番』に掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1995年(25歳当時)

やはり眉毛の細さと角度のせいか、この年も言われなかったら工藤静香さんと分からないくらいイメージが違いますね。
また、若干ではありますが少し顔がふっくらしているから尚更工藤静香さんぽく見えなのかもしれません。

CDCM
日清食品『スパ王』※当時はカップ麺タイプ




1996年(26歳)

1996年(26歳)映画『極道の妻たち 危険な賭け』と『速報!歌の大辞テン』に出演した時と雑誌『ViVi』に掲載された時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像1996年(26歳当時)

この年はシングル3枚・アルバム2枚の発売だけでなく、映画2本・ドラマ2本・CM2本とかなり幅広く活動されていた工藤静香さん。
映画『爆走!ムーンエンジェル~北へ~』では主演を務めるなど、特に役者としての活動が光りました。
メイクの方は、眉頭が少し太めになってようやく工藤静香さんぽく見えるようになった、と言ったところでしょうか(笑)。

1997年(27歳)

1997年(27歳)CD『The Velvet』ジャケットと雑誌『ザテレビジョン』に掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像1997年(27歳当時)

この年に発売された『Blue Velvet』は、アニメ『ドラゴンボールGT』第3期エンディングとして使われました。
このPVでの工藤静香さんのメイクは比較的薄めで髪型も立てることなくストレートと、やっぱり個人的にはこういう髪型の方が合っていると思いました。
そのPVがこちらです。
衣装もシンプルタイプで工藤静香さんのスタイルの良さが改めて感じられますね!

CDドラマ声優
デッサンヘラクレス

この年は、シングル『A.S.A.P』でデュエットした石橋貴明さんとも噂がありました。
曲のPVで実際にキスをしたことから話が出たようですが、あくまでも演出であって実際に交際していた訳ではなかったようです。

1998年(28歳)

1998年(28歳)『笑っていいとも!テレフォンショッキング』に出演した時と雑誌『オリコンウィーク The Ichiban』に掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像1998年(28歳)

髪をアップにしている方のメイクは『やっぱり工藤静香だ!』の眉毛ですね。
メイク(特に眉毛)でかなり印象が変わりますね。

CDNHK紅白歌合戦
第49回『きらら

1999年(29歳)

1999年(29歳)『東洋タイヤ'99専用カタログ』に掲載された時とドラマ『サイコメトラーEIJI2』に出演した時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像1999年(29歳当時)

またもや工藤静香さんかと疑ってしまうほど、別人ぽくなってしまいました(苦笑)。
イメージチェンジという訳ではないと思いますが、特に前髪を下ろした方は『工藤静香』と記載されていても『本当にそうなのか?』と思ってしまいます・・・(^^;)

CDドラマCM
東洋タイヤ『’99専用タイヤカタログ』

2000年(30歳)

2000年(30歳)『music-enta』に出演した時と結婚報道の時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2000年(30歳当時)

ようやく眉毛が工藤静香さんぽく戻りました(笑)。
輪郭がかなり細くなっているので、少し痩せたようですね。

2000年の工藤静香さんと言えば、やはり木村拓哉さんとの結婚がまず頭に浮かびます(笑)。
当時は木村拓哉さんも人気絶頂期だった中での結婚(しかもデキ婚=できちゃった結婚)だったので大きな反響を呼びました。
その木村拓哉さんの記事もサイト内に掲載しているので、ぜひ木村拓哉さんの若い頃からのカッコイイ姿をご覧ください!
【画像125枚】木村拓哉若い頃から50歳まで変わらないカッコ良さの軌跡~デビューしてからの35年間を出演作品で振り返ってみた

ちなみに、この年は『music-enta』という音楽バラエティ番組に出演していましたが産休のため降板しました。
活動が少なめなのも当然と言えば当然かもしれませんね。

ちなみに、シングルの『深紅の花』をプロデュースしたのは以前交際していたYOSHIKIさん。
結婚(しかもデキ婚)した時に元カレとの共同作業で曲を出すとは、芸能界は分からない世界ですね(苦笑)。


2001年(31歳)

2001年(31歳)『工藤静香カレンダー』と『週刊女性PRIME』に掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2001年(31歳当時)

子育てもあってか、かなり活動を抑えたようですね。
髪も少し短めにしたようですが、あの『八の字眉毛』が戻っていてまさに若い頃からの工藤静香さんのイメージ復活です(笑)。
おそらく太らない体質なのでしょうが、産後太りとは無縁の顔の細さ!

CM
資生堂化粧惑星・マジカルドライカール※現在取扱いなし』

2002年(32歳)

2002年(32歳)『速報!歌の大辞テン』に出演した時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2002年(32歳当時)

歌手活動を復活させた工藤静香さん。
アイメイク薄めなのか、以前より柔らかいイメージですね!

CD

2003年(33歳)

2003年(33歳)『工藤静香ディナーショー』ポスターに掲載された時と『ayu ready?』に出演した時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2003年(33歳当時)

おでこを全部出すパターンは珍しいかもしれませんが、やっぱり眉頭から八の字になるこの形が工藤静香さんですね!

2004年(34歳)

2004年(34歳)『夢音楽館』に出演した時と『工藤静香カレンダー』に掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2004年(34歳当時)

この年は活動を抑えたようで、CM以外の主立った活動はしていないんですね。
とは言え、顔のラインがスッキリしているので相変わらず細いスタイルは維持していることは確かですね。

2005年(35歳)

2005年(35歳)雑誌『COSMOPOLITAN』と『週刊女性PRIME』に掲載された時と映画『ふたりはプリキュア』完成披露試写会の時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像2005年(35歳当時)

2004年とはうって変わってCD発売・CM・アニメ声優など一気に活動した工藤静香さん。
子育てと両立で大変そうですが、あの細い体でお子さんを抱えているので(一番右の画像参照)なかなかパワフルですね!

CDCM声優
映画 ふたりはプリキュア Max Heart




2006年(36歳)

2006年(36歳)CD『Clàvas-鍵』PVと歌番組と『ダイハツ tantoタント』CMに出演した時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像2006年(36歳当時)

やっぱり眉毛の形の印象は多大なようで、色々な表情ではありますが工藤静香さんと分かりやすいですね。

2007年(37歳)

2007年(37歳)『Shizuka Kudo 20th Aniversary the Best』ジャケットとクリスマスディナーショーポスターに掲載された時とシングル『雨夜の月に』PVに出演した時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像2007年(37歳当時)

10代~20代の若い頃に『大人っぽい』と言われたイメージが、ちょうど年齢に合ってきた感じがしますね。
工藤静香さんはあまりメイクを濃くしない方が似合う印象です。

CD

2008年(38歳)

2008年(38歳)『二科展』『STOP CAFE』プレオープンイベントとシングル『NIGHT WING』PVに出演した時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像2008年(38歳当時)

一気に髪色が明るくなって、昔の派手目なイメージが蘇りました(笑)。
工藤静香さんはあまり金髪に近いほどの明るい色よりは、やや赤みがかった色の方が似合うと思います!

CDCM
ヴィーナススクエア

2009年(39歳)

2009年(39歳)『二科展』と『味の素パルスイート』CMに出演した時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2009年(39歳当時)

髪色がおとなしくなったのと眉が少し太めになったからか、工藤静香さんぽさが戻ってきましたね!

2010年(40歳)

2010年(40歳)web版『デイリー』と『日刊ゲンダイ』に掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2010年(40歳当時)

40代に突入した工藤静香さん。
髪色も良い具合に落ち着いていますね。
ただ、気のせいかどうにも工藤静香さんのような、ちょっと違う人のような・・・と思ってしまいます。

※CD発売・映画・ドラマ・CM等出演なし


2011年(41歳)

2011年(41歳)『』ブッダの素顔展』トークショーの時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2011年(41歳当時)

この年は東日本大震災が発生したこともあり、『ブッダの素顔展』に参加するなど画家としての方に注力していたようです。
それにしても、斜めから見ると本当に顔が細い!

CM
  • 資生堂化粧惑星・マジカルドライカール※現在取扱いなし』
  • 文部科学省キャンペーン

2012年(42歳)

2012年(42歳)アルバムBOX『SHIZUKA KUDO ORIGINAL ALBAM COLLECTION』のジャケットに掲載された時と『ビルボードライブ』に出演した時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2012年(42歳当時)

工藤静香さんにしては珍しいミディアムボブですが、メイクも髪型も似合っていますね。
ノースリーブのドレス姿のデコルテを見ても分かるように、やっぱり細いですね!

2013年(43歳)

2013年(43歳)秋田市アトリオン『工藤静香展』トークショーの時とクリスマスディナーショーポスターに掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2013年(43歳当時)

この年はディナーショーを除けばCD発売など年間を通しての音楽活動は控えめだったようです。
ただ、『秋田市アトリオン 工藤静香展(詳細情報はPDF版のみ確認のためリンク先省略)』を開催したりと画家としての活動を精力的に行っていたようです。

※CD発売・映画・ドラマ・CM等出演なし

2014年(44歳)

2014年(44歳)『二科展』に出席した時とクリスマスディナーショーポスターに掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2014年(44歳当時)

髪をバッサリ切って、これまでで一番短いと思われるショートヘアになった工藤静香さん。
見慣れないと違和感がありますが、顔だけよく見るとメイクなどはやっぱり工藤静香さんですね(笑)。

※CD発売・映画・ドラマ・CM等出演なし

2015年(45歳)

2015年(45歳)『ミュージックステーションウルトラFES』に出演した時と『二科展』に出席した時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2015年(45歳当時)

髪が伸びてストレートボブ・カールのミディアムボブと違った印象の工藤静香さん。
髪型から受ける印象もありますが、『二科展』でのカールのミディアムボブの方がまさに工藤静香さんそのものですね(笑)。




2016年(46歳)

2016年(46歳)『工藤静香クリスマスディナーショー』ポスターに掲載された時と『二科展』に参加した時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2016年(46歳当時)

40代後半に突入した工藤静香さん。
やはり眉は少し太めにした方がちょうど良い具合に似合っていますね!

2017年(47歳)

2017年(47歳)『工藤静香クリスマスディナーショー』ポスターと雑誌『ヌメロ・TOKYO』に掲載された時と二科展に参加した時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像2017年(47歳当時)

この年の工藤静香さんは肌の調子が良いのか、40代になってからではとても若々しく見えますね。
それにしても、何度見ても顔のラインが細い!

CD声優
ぽこよ POCOYO-ナレーター

2018年(48歳)

2018年(48歳)『工藤静香公式インスタグラム』に掲載された時と二科展に参加した時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像2018年(48歳当時)

ここ3~4年、インスタグラムでの投稿が注目を浴びるようになった工藤静香さん。
やっぱり、工藤静香さんはアイメイクなどは薄めの方がかえって若く見えると思いました。

2019年(49歳)

2019年(49歳)『工藤静香公式インスタグラム』に掲載された時と二科展に参加した時と『たましんRISURUホールライブ』の時の工藤静香の昔の画像3選

工藤静香の若い頃の画像2019年(49歳当時)

アイメイクに変化があったのか、目を囲むようにメイクしているようです(一番左のインスタグラム画像参照)。
この年の工藤静香さん・・・どれも違う人のように見えるのは気のせいかでしょうか(^^;)

CD
Deep Breath(カバーアルバム)

2020年(50歳)

2020年(50歳)『Koki公式インスタグラム』と『アコースティックライブ』ポスターに掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2020年(50歳当時)

再び若い頃からのイメージの工藤静香さんに戻りました(笑)。
髪型・メイクなど色々変化があるようですが、『とにかく輪郭が細い』ことだけは変わらないですね。

※CD発売・映画・ドラマ・CM等出演なし


2021年(51歳)

2021年(51歳)『Cocomi公式インスタグラム』とアルバム『青い炎』ポスターに掲載された時の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像2021年(51歳当時)

50代になってもまだまだ精力的に活動を続けている工藤静香さん。
インスタグラムの投稿もかなり順調のようですね。
アルバムジャケットの方の工藤静香さんは眉毛と目の間隔が狭いからか、ここでもまた別人に見えてしまいました(笑)。

CDCM
青い炎(カバーアルバム)浄水型ウォーターサーバー『every frecious mini』※地域限定で放送

2022年(52歳)

2022年(52歳)雑誌『CQ JAPAN』と『工藤静香Tik Tok』に掲載された時の工藤静香の現在の画像2選

工藤静香の現在の画像2022年(52歳)

眉メイクは工藤静香さんのイメージなのですが、何となく工藤静香さんのようなそうでないような・・・ですね(^^;)
雑誌『GQ JAPAN』の方の画像、腕が細い!
52歳になった今でも抜群のスタイルを保っている事が分かりますね。

貴重なお宝動画

工藤静香さんがソロデビューした1987年、デビュー曲『禁断のテレパシー』が2位になった時の『ザ・ベストテン』での映像です。
司会を務める黒柳徹子さんの絶妙な天然ぶり(0:49辺り)もぜひ注目してみてください!



 

現在の活動

工藤静香さんは1987年にソロデビューし2022年で35周年という節目を迎え、全国ツアーを8月に終えました。
そのツアーファイナルの様子を収録したLIVE Blu-ray&DVDが12月21日(水)に発売されるそうです。

【詳細】「工藤静香 35th Anniversary Tour 2022 ~ 感受~ Blu-ray & DVD」
2022年12月21日(水)発売

●完全予約生産限定盤 Blu-ray
※オフィシャルサイト限定商品・予約締切2022年10月16日(日)23:59
ご注文はこちら→https://shizuka-kudo.net/35th_anniversary_album/index.html
【Blu-ray DISC】 SCXP-00136 ¥8,900(税込)

<内容>
・東京・日本青年館ホールでのライブ映像を収録
<特典>
・Special Box仕様
・36Pブックレット付き
・ライブ写真を使用した2023年オリジナル卓上カレンダー付き

歌手としてのこれからの活動もますます盛んな工藤静香さんから目が離せませんね!

プロフィール

1987年にソロデビューを果たして2022年で35周年を迎えた工藤静香さんは現在52歳ですが、とても若々しく精力的に活動してますね!
工藤静香さんのプロフィールをかるくおさらいしてみました。

生年月日1974年4月14日
出身地東京都
所属事務所
公式サイト工藤静香リリース情報/ポニーキャニオン

※情報元:Wikipedia

セブンティーンクラブの時の工藤静香

工藤静香さんがおニャン子クラブに入る前に在籍していた『セブンティーンクラブ』の時の画像です。
当時15歳でしたが、すでに中学生とは思えない大人っぽさを感じますね。

1985年(15歳)セブンティーンクラブの頃の工藤静香の昔の画像2選

工藤静香の若い頃の画像1985年(15歳当時)

その他の芸能人の若い頃に関する記事

ジャニーズ系(過去在籍メンバーも含む)
稻垣 吾郎
堂本 光一
滝沢 秀明
木村 拓哉
反町 隆史

ジャニーズ系以外の芸能人の若い頃に関する記事は以下をご参照ください。

西島 秀俊
高橋 一生
長澤 まさみ
石田 ゆり子
広末 涼子
竹野内 豊
華原 朋美


コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました